^

Pinot Noir 2020

ピノ・ノワール 2020

赤/750ml
4,950(税込)

タキザワワイナリー自社畑の中でも樹齢の最も古い区画と最も若い区画のピノ・ノワールを使用した赤ワインです。2019年同様、2020年も年間を通して天候に恵まれ収穫量は過去最大に達しました。ブドウの熟度も高く、質、量ともに満足できる年となりました。 ブドウは収穫されるタイミングに及んでも徹底的に病果や腐敗果を取り除きました。健全果のみで仕込むことによって、仕込み中の亜硫酸添加を行うことなく、野生酵母による発酵を順調に進めることができました。約2週間の醸しのあと、古樽に移し自然のマロラクティック発酵を経て10か月間の樽熟成を行っています。 外観は淡いルビー色。香りはイチゴやラズベリーなどの赤系果実が主体ですが、香木などの落ち着いた香りもあります。味わいは繊細な果実味と心地よいタンニン、酸味のバランスが素晴らしく、テロワールの滋味を感じさせる長く残る余韻は、熟成による期待感を抱かせます。 リリース時点では少し硬さが残っていますので、抜栓後は時間をかけてお楽しみいただくことをお薦めいたします。また、数年寝かせることでマイルドで繊細な味わいになっていくことでしょう。 必要最低限の亜硫酸添加(瓶詰め前)に留めていますので保管は必ず冷暗所にてお願いします。


産地 北海道三笠市/自社農場
容量 750ml
アルコール度数 13.0%
生産本数 2,681本
飲み頃予想 現在~2027年頃

<使用品種割合>
ピノ・ノワール100%

<製造工程>
収穫後、除梗破砕機による除梗を行いマセラシオン開始
約2週間のマセラシオンのあとにプレス
古樽にて、100%野生乳酸菌によるMLF
約10か月の澱との接触を経たのち澱引きを行い、瓶詰め
無清澄、無濾過
樽数にして約9樽からのブレンド(内1樽のみ全房によるMCを行ったものがあります)

<亜硫酸添加量>
約45ppm

<新樽率>
0%

<糖度>
23.8度

特定商取引法に基づく表記 | 配送・送料について


未成年者の飲酒は法律で禁止されています。
ご購入は20歳以上の方に限らせていただきます。